12.言霊で霊格調整①14.言霊で霊格調整③

2020年01月10日

13.言霊で波動調整②

引き続き、言霊で波動調整のお話を進めさせて頂きます。

あなたは大丈夫ですか?

前の話題をお読み頂き、ご自身を振り返って、お心あたりがある方は、どうぞこれから気をつけるようにしていってください。

また、あなたの周りにいる人で、
現在から過去を振り返って、口の悪い人、罵声を履いてばかりいるような人、周囲の気分を害する言葉を吐く人、憎まれ口ばかりたたいて嫌われている人、マイナスな言霊ばかり吐いている人などがいたら、その人は、例外なく、重度の肩こりや偏頭痛持ちなはずです。肩どころか身体中ガチガチな人もいます。整体やもみほぐしなどに行ってもいつまでも良くなることはなく、それでも気休めに通ったりしてる人、少なくないですよね。

そういう人たちって、偏頭痛持ちとか凝り性とかの体質というよりは、そうなるマイナスエネルギーを自分で発することで、同時に自分の霊格のフロアを下層に落としてしまっているのです。だから、当然のように運気が堕ちて、様々な不幸な出来事に遭遇しやすくなったりイザコザに巻き込まれたりして、運が悪いのを周りのせいにして、そしてまた周りを怒鳴り散らしたりして・・・と、悪循環なことを延々と繰り返すのです。頭痛肩凝りはいつも付き纏います。


何を隠そう、そういう私も、昔は、と言うか子供の頃から極度の頭痛持ちで、大人になってからは一時期は肩こりもとても酷かったのです。

私の場合、言葉遣いとかだけではなく体質的に本格的な霊媒体質というのもあり、イタコ体質の母の娘ですから無理もないですが、昔は、よく頭が痛くなるのも、ただの偏頭痛という体質だと思って諦めて生きてきましたけど、色々学んで、偏頭痛や肩凝りの正体って霊障のひとつでもあるんだと言うことがわかり、自分でなんとか修行をし、自分を変えていき、成長できた時、気付いたら『そう言えば最近頭痛に悩まされることは無くなったなぁ。異様な肩凝りもなくなったなぁ。』と、忘れた頃に思い出しました。現在は偏頭痛や肩凝りに悩まされることはほとんどありません。しいていうなら、パソコンに長時間向かって目が疲れすぎて頭痛になるとか、デスクワークばかりしてる時はさすがに肩凝りになったりする時があるとか、霊障とは関係ない場合の症状しか頭痛や肩凝りに悩まされることは無くなりました。

しかし、実は、霊障の方の頭痛肩凝りは、私だけの問題ではなく、人間社会において生活していれば、誰もが当たり前のように何かしらを憑依させたり引き寄せたりしているのは、当たり前のことで、何も憑依させず引き寄せずにいる人の方が奇跡に近いと言うのが現実だったりします。前のお話でも述べましたが、うつ病や精神疾患なども憑依のひとつと考えても良いです。他にも言い出したらキリがありませんが、それらは、自身の霊格のフロアが上がることで、全て克服することが出来ます。私自身がそれを乗り越えたサンプルと思って頂いても良いと思います。

どうせ引き寄せるなら、厄介な霊障や不幸な出来事より、素敵な人脈や幸運な出来事を沢山引き寄せられた方が良いに決まってますよね。

だから皆さんも、最低限として、言葉遣いを気遣うようになり、言霊を大切にするようにして行きましょう。


holy_guide at 11:30│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
12.言霊で霊格調整①14.言霊で霊格調整③